完成前の建売住宅を買う場合の注意点

完成前の建売住宅を買う場合の注意点

近年では完成前の建売住宅を購入する人が非常に増えてきています。
以前までは完成済みの建物を見学して気に入ったものがあれば契約する流れが主流でしたが、近年では未完成の建売住宅購入が主流になりつつあります。
完成する前と言うことで、プランの変更が可能であったり、建築中のチェックができるなどのメリットがありますが、反対にデメリットや注意点があることも忘れてはなりません。
デメリットとしては、実際に建物がないのでイメージが湧きにくい点が挙げられます。
間取りは図面で確認できるものの、広さはイメージしにくいでしょう。
実際に完成した後にこんなに狭かったのか、こんな色だったのかと言う感想を持つケースも多いです。
具体的な商品は、できるだけその会社が建てた別の住宅を見学させてもらうなどし、仕様の確認を行うことが重要です。
これによって防げるものはかなりあります。
大きな買い物だけに、このような事はできるだけ避けたいところです。

建売は工期中で完成していない物件も販売されている

建売は完成後の建物のみならず、工期中の物件の販売も行われています。
完成した物件の場合は内覧をして実物を確認することができますが、工期中の建売はそれができません。
したがって、購入の判断は慎重に行う必要があります。
引き渡しの時は完成後となりますが、しっかりと問題がないか確認しましょう。
問題があれば修補を依頼して、契約内容に適合するようにしなければなりません。
また、それがなされないようであれば契約の履行として任用するのではなく、解除することができます。
建物の質を確認するなら、専門家に確認の立ち合いをお願いするのも良いです。
素人では判断できないことも専門家の視点で確認することで、問題ないかわかります。
建築士はこうした事情に詳しく、立ち合いサービスを提供していることがあるので活用すると良いでしょう。
確かにお金はかかりますが、施工不良であとから問題が起きてややこしい問題に巻き込まれることを防げるようになります。

著者:高橋元気

筆者プロフィール

佐賀県神埼市生まれ。
建売に関する記事を書いています。