暮らしやすい住空間を希望!建売住宅の購入に関連するノウハウを詳しく紹介

建売住宅では間取りや空間、内装を含めた屋内環境と道路状況や日当たり買い物や通学を考慮した周辺環境を考慮した住空間を見る必要があります。
屋内環境としては住む人の動線を意識してみる事で実際に住んだ時の生活を思い描く事が出来、自分だけでなく家族の意見やお客さんを呼んだ時どこで応対するか等確認する必要があります。
また水回りに関する空間もチェックする必要があり、これらは見学しただけでは見落としがちになるので注意が必要です。

暮らしやすい住空間を希望!建売住宅の購入に関連するノウハウを詳しく紹介

建売住宅では住空間を細かくチェックする必要があります。
建売住宅は建物と土地がセットとなっている為、交通の便は便利か、夜間の交通量はどれくらいか、大型車は通るのかどうか等、チェックする必要があります。
建物が大きな道路に面しているなら防音性はどうか、深夜帯は静かな場所か等は快適な暮らしに直結する問題となります。
また実際に生活した時に、水回りに関する動線を想像してみる事で不便は不満に感じる事は無いかを確認する事も必要です。

建売住宅の見学にはチェックリストを持参

建売住宅を購入する前に重要なのが、現場の見学ですがその際には必ず持参しておきたいものがあります。
それが、チェックリストです。
内覧は、間取りをチェックしたりライフスタイルに合っていて使いやすい家かどうかを調べておく必要があります。
ただ、一生住まうことになる住まいですからやはりチェックしておきたい項目はたくさんあることでしょう。
実際に現場を訪れると担当者からの説明もありますし、チェックしたいところがありすぎて聞きたかったことを質問しそびれたり、しっかりと見損ねたりすることもあります。
建売住宅の見学は1回ではなく納得するまで何度でも訪問することができますが、できれば1回目の内覧でチェックしておけるところは納得できるまでチェックしておきたいものです。
そのためには、確認しておきたい項目をリスト化してまとめておき、チェックする順番までしっかりと番号を割り振って決めておき、チェックリストとして書き込んで持参していきましょう。
聞き逃し、見逃しがなくなりますので充実した内覧になることは間違いありません。
疑問点や課題などを持ち帰った上で、どうするかを自宅で時間をかけて考えられると良いでしょう。

建売住宅の相場をインターネットで調査

中古の建売住宅を安くで購入して自分たちが住みやすいようにリフォームあるいはリノベーションしている方は、とても多いようです。
最近はユーチューブなどでもたくさんアップされています。
中には、築20年・坪数30坪の2階建ての家が1000万円以下で販売されていることもあり、広告を見た人は「お得な住宅」と思いすぐに購入の手続きをすることもあります。
しかし、中古の建売住宅を購入する際にはまずはインターネットなど相場をあらかじめ調べておくことは重要です。
安く思える物件でも、実際は山の中・駅やスーパーからかなり通り、通学や通勤に不便という場所であれば、1000万円の住宅でも決して安いとは言えないかもしれません。
購入してから実際に住んでみて、不便さを感じてもすでに遅し、ということにならないようにしましょう。
相場を調べるとともに可能であれば現地に足を運んでみて生活した後のイメージを思い描いてみるのもおすすめです。

エリアによって異なる建売住宅の傾向

マイホームを建てるとき、建売住宅を購入される方が少なくないようです。
建売はすでに出来上がっていますから、すぐいマイホームがほしいという人にはよい物件でもあります。
ただし間取りや土地が決まっていますから、そのことを納得したうえで購入してください。
エリアによってもずいぶん変わってきますから、エリアを目的にしておいたほうがいいです。
的外れな所を選んでしまうと後悔してしまいますから、慎重に見極めてた方がいいでしょう。
時間をかけて選ぶ方法もあります。
あまり早くから選んでも良いことは1つもないのです。
どこの場所がいいのか、周りの環境はどうなのかなどを勘案するのです。
そのような道筋で選んでいくと納得できる家づくりになっていきます。
一生住むのですから安らぎのある空間がいいです。
そのためには後悔しない造りを目標にすることです。
いろいろな物件がありますから焦らずにゆっくり時間をかけることが大切です。
自分や家族のためにも頑張ってください。

建売住宅でもオプション設備でアレンジが可能

建売住宅では間取りはもちろん、内装や外装なども規格化されており予め大枠が決まっています。
完成済みの物件であれば購入後、すぐさま入居できるなどのフットワークのかるさがあり、注文住宅に比較しても価格帯が低く抑えられているのがメリットです。
他方で注文住宅のように、間取りやデザイン面などに理想のプランをおとしこんだり、自分のライフスタイルに合致した仕上りにするのは難しい側面があります。
建売住宅ではこのように画一的で、没個性的な仕上りを妥協せざるを得ないというのがデメリットといえます。
とはいえ基本形にオプション設備を選択することで、ある程度自分のマイホームを差別化する余地はあります。
オプション設備をふかしていくことは、予算面で金額が嵩むことと表裏一体です。
そのためどこまでオプションをつけることが出来るかは、予算との兼ね合いで決まることになります。
どこはゆずれないのか、どこは妥協できるのかメリハリをつけて選別することがポイントです。

著者:高橋元気

筆者プロフィール

佐賀県神埼市生まれ。
建売に関する記事を書いています。
神埼市 建売