暮らしやすい住空間を希望!建売住宅の購入に関連するノウハウを詳しく紹介

建売住宅では間取りや空間、内装を含めた屋内環境と道路状況や日当たり買い物や通学を考慮した周辺環境を考慮した住空間を見る必要があります。
屋内環境としては住む人の動線を意識してみる事で実際に住んだ時の生活を思い描く事が出来、自分だけでなく家族の意見やお客さんを呼んだ時どこで応対するか等確認する必要があります。
また水回りに関する空間もチェックする必要があり、これらは見学しただけでは見落としがちになるので注意が必要です。

暮らしやすい住空間を希望!建売住宅の購入に関連するノウハウを詳しく紹介

建売住宅では住空間を細かくチェックする必要があります。
建売住宅は建物と土地がセットとなっている為、交通の便は便利か、夜間の交通量はどれくらいか、大型車は通るのかどうか等、チェックする必要があります。
建物が大きな道路に面しているなら防音性はどうか、深夜帯は静かな場所か等は快適な暮らしに直結する問題となります。
また実際に生活した時に、水回りに関する動線を想像してみる事で不便は不満に感じる事は無いかを確認する事も必要です。

建売住宅の見学にはチェックリストを持参

建売住宅を購入する前に重要なのが、現場の見学ですがその際には必ず持参しておきたいものがあります。
それが、チェックリストです。
内覧は、間取りをチェックしたりライフスタイルに合っていて使いやすい家かどうかを調べておく必要があります。
ただ、一生住まうことになる住まいですからやはりチェックしておきたい項目はたくさんあることでしょう。
実際に現場を訪れると担当者からの説明もありますし、チェックしたいところがありすぎて聞きたかったことを質問しそびれたり、しっかりと見損ねたりすることもあります。
建売住宅の見学は1回ではなく納得するまで何度でも訪問することができますが、できれば1回目の内覧でチェックしておけるところは納得できるまでチェックしておきたいものです。
そのためには、確認しておきたい項目をリスト化してまとめておき、チェックする順番までしっかりと番号を割り振って決めておき、チェックリストとして書き込んで持参していきましょう。
聞き逃し、見逃しがなくなりますので充実した内覧になることは間違いありません。
疑問点や課題などを持ち帰った上で、どうするかを自宅で時間をかけて考えられると良いでしょう。

建売住宅の相場をインターネットで調査

中古の建売住宅を安くで購入して自分たちが住みやすいようにリフォームあるいはリノベーションしている方は、とても多いようです。
最近はユーチューブなどでもたくさんアップされています。
中には、築20年・坪数30坪の2階建ての家が1000万円以下で販売されていることもあり、広告を見た人は「お得な住宅」と思いすぐに購入の手続きをすることもあります。
しかし、中古の建売住宅を購入する際にはまずはインターネットなど相場をあらかじめ調べておくことは重要です。
安く思える物件でも、実際は山の中・駅やスーパーからかなり通り、通学や通勤に不便という場所であれば、1000万円の住宅でも決して安いとは言えないかもしれません。
購入してから実際に住んでみて、不便さを感じてもすでに遅し、ということにならないようにしましょう。
相場を調べるとともに可能であれば現地に足を運んでみて生活した後のイメージを思い描いてみるのもおすすめです。

エリアによって異なる建売住宅の傾向

マイホームを建てるとき、建売住宅を購入される方が少なくないようです。
建売はすでに出来上がっていますから、すぐいマイホームがほしいという人にはよい物件でもあります。
ただし間取りや土地が決まっていますから、そのことを納得したうえで購入してください。
エリアによってもずいぶん変わってきますから、エリアを目的にしておいたほうがいいです。
的外れな所を選んでしまうと後悔してしまいますから、慎重に見極めてた方がいいでしょう。
時間をかけて選ぶ方法もあります。
あまり早くから選んでも良いことは1つもないのです。
どこの場所がいいのか、周りの環境はどうなのかなどを勘案するのです。
そのような道筋で選んでいくと納得できる家づくりになっていきます。
一生住むのですから安らぎのある空間がいいです。
そのためには後悔しない造りを目標にすることです。
いろいろな物件がありますから焦らずにゆっくり時間をかけることが大切です。
自分や家族のためにも頑張ってください。

建売住宅でもオプション設備でアレンジが可能

建売住宅では間取りはもちろん、内装や外装なども規格化されており予め大枠が決まっています。
完成済みの物件であれば購入後、すぐさま入居できるなどのフットワークのかるさがあり、注文住宅に比較しても価格帯が低く抑えられているのがメリットです。
他方で注文住宅のように、間取りやデザイン面などに理想のプランをおとしこんだり、自分のライフスタイルに合致した仕上りにするのは難しい側面があります。
建売住宅ではこのように画一的で、没個性的な仕上りを妥協せざるを得ないというのがデメリットといえます。
とはいえ基本形にオプション設備を選択することで、ある程度自分のマイホームを差別化する余地はあります。
オプション設備をふかしていくことは、予算面で金額が嵩むことと表裏一体です。
そのためどこまでオプションをつけることが出来るかは、予算との兼ね合いで決まることになります。
どこはゆずれないのか、どこは妥協できるのかメリハリをつけて選別することがポイントです。

建売住宅の建築に使われる代表的な工法

多くの住宅分譲地で販売されている建売住宅は、一般的な木造在来工法であることが多いものです。
その理由として挙げられるのが、特殊な工事方法や建築材を利用したケースと比較するとコストを低く抑えることが可能なこと、比較的短期間で住宅を完成させることができるなどのメリットがあるからと考えてよいでしょう。
実際に居住するにあたっても、近年の住宅に求められている基準をしっかりとクリアしている建物となっていますので、断熱性や気密性などに不満を感じることもほとんどなく、耐震性など住宅の強さも十分に確保されているものです。
そのような観点から、建売住宅を購入する場合も安心感があると結論づけることができます。
もちろん、住宅の建築方法に思い入れのある方も少なくありませんので、そのような場合にはツーバイフォーや、軽量鉄骨などのその他の工法を採用している建売住宅を探すということも可能です。
納得のいく住宅性能を満たした物件をご希望の場合には、インターネットなどで情報を集めることが大切です。

住宅ローンで建売住宅を買う際に受ける審査

住宅を購入するときに建売住宅を選ぶ場合は、購入する前に建物の内部や外側の状況などを確認することができます。
そのため注文住宅よりも安心して購入することができますが、注文住宅よりは料金が安くても大体の場合は数千万円程度は必要となる筈です。
一般人には高額な費用がかかりますから、一括で購入するような人はあまり存在しません。
住宅ローンを利用することによって一括で購入することができない人でも買うことはできますから、サラリーマンや派遣社員などでもしっかりと一軒家を手に入れることができます。
建売住宅を住宅ローンで購入する場合は、最初に審査を受けないといけないです。
高額なお金を借りることになりますから、信用がない人は基本的に審査に通過することはできません。
公務員や大手企業に勤めるサラリーマンなどであれば、高額な金額でも審査に通過できる可能性は高いです。
実際に審査を受ける人の仕事や資産状況などによって違いがありますから、基本的には安定的な職業に就いておいた方が安心できます。

建売住宅の省エネ性能を向上させるコツ

建売住宅は既にハウスメーカーや工務店によって建築された住宅になりますが、購入の際には省エネ性能を高めるために入居する前に変更することは不可能ではありません。
やるべきことは意外と簡単な方法があり、まずは窓ガラスを確認してみて普通の1枚ガラスの建売住宅であれば複層ガラスに交換をする方法と内窓を取り付ける工法があります。
窓ガラスから入り込む熱をシャットアウトでき、冬期間には逆に室内側の暖房機の熱を窓ガラスから外に逃がさないことが可能になるのでかなり推奨できる方法です。
他には屋根や外壁に対しての施工方もあり、一般的な住宅資材の場合は普通の塗料が採用されていますが、入居前に遮熱塗料で塗り替えを済ませると省エネ効果を発揮する住宅に仕上げられます。
究極的な施工にはソーラーパネルと蓄電池に設置も推奨することはでき、オール電化住宅に一本化することで光熱費をかなり安くすることは多くの方が理解をしている方法です。
ソーラーパネルの導入では比較的若い世代の方が建売住宅を購入するにはおすすめでき、長くても6年程度で工事費を取り返せるものなので備えても損はしないコツになります。

建売住宅の物件価格以外に必要な諸費用

建売住宅は物件価格だけではなく諸費用が必要となるため、予算は多め用意しておきましょう。
予め予算が決まっているのであれば、物件価格は予算より低めで探す必要があります。
契約する際には不動産会社へ仲介手数料が必要となります。
仲介手数料は一定ではなく、各不動産会社にとって異なるため、確認が必要です。
上限は物件価格の3%に6万円に消費税となっているので目安としてください。
購入の際には税金を支払う必要があります。
売買契約書に貼る印紙税や登録免許税が必要です。
また、登記手続きは難しいため、司法書士へ依頼が一般的です。
依頼する際にも費用が必要となります。
ほとんどの方はローンを組むことを検討されるのが多いのではないでしょうか。
住宅ローンを組む時にはローン保証料・団体信用生命保険料が必要となります。
その他火災保険、地震保険への加入は必ず必要です。
建売住宅の物件価格以外に諸費用が必要となります。
購入する物件の金額にもよりますが、5~10%程度は多めにかかると考えておきましょう。

建売住宅の取得に伴う登記の種類

住宅は、建物が完成した後に建物所有者の申請により国がその存在を表示するための公簿を作成します。
その後所有者の申請により、その建物が自分の所有であること公簿に記載されますが、この二つの手続きをそれぞれ「表題」・「所有権保存」登記といい一般的には住宅新築に伴い必ず行われる手続きです。
建売住宅の場合、最初に公簿を作成してもらう手続きを住宅販売業者が申請することもできますが、住宅購入者が自分を所有者として公簿に登載してもらうためには一端販売業者名で記載後に改めて購入者へ所有権の移転を申請する必要がありますが、そのためには余計な費用が掛かるため建物完成の申請も建売住宅購入者名で行うことが一般的です。
また、住宅購入資金を全額自己資金で賄うケースはまれで大部分は住宅ローンを利用しますので、万一ローンの返済が滞った場合に備え金融機関はローン債権を回収するため住宅を担保としており、そのための抵当権を設定しています。
ですので、建売住宅には全部で三つ―種類のの登記が行われることが一般的となっています。

著者:高橋元気

筆者プロフィール

佐賀県神埼市生まれ。
建売に関する記事を書いています。
神埼市 建売